上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更といえば今更なんですが、8弾カードの考察やって行きます。
あくまで主観的なものですので、鵜呑みにはしないように。

見た感じ極端に弱いカードは今回あまり無く、またキャラのファンデッキも非常に作りやすくなった感がありますね。
ヤマメとかこれは結構大きいでしょうに。


•No.591:釣瓶『ウェルディストラクター』

どのデッキにも気軽に挿せるお手軽火力。張っておくだけで最短で13、最長で26ターン後にゲームが終了する火力に膨れ上がる。
燐火術を使用されない為なのか付けられた対象耐性も、5弾神奈子を跳ね除けるという間接的な除去対策になっている点で好評価。


•No.592:財宝『ゴールドラッシュ』

デッキトップ10枚を公開し、その中の装備を発掘してノード加速まで行うカード。
使うなら1ターン目に最速でナズーリンと初手に揃っていて欲しいもの。
初手にどちらも1枚以上ある計算をすると、7.7%。
デッキに装備を突っ込んでみて、先攻で残り43枚の中に全て装備が有ると考えてみましょう。
ノードの加速も考えて、少なくとも2枚くらいは発掘したいところ。
5枚→32%
10枚→75%
15枚→93%
15枚は相当特化しないと厳しいですねえ…。
これを使う場合構成にもよりますが初手で両方揃う確率が7%なので、新史などの大量ドローソースは必須かと。


•No.593:ナマズ『オール電化でエコロジーじゃ!』

エコロジーどころか無限のエネルギーですかナマズさん。
実はN2以下のキャラクターって戦闘力が正直微妙。
実用性はあまり無いだろうなあ。

•No.594:秋符『フォーリンブラスト』
実質C0で打てるノード破棄カード。更に静葉が居ればドローでき全く隙が無い。
効果相応にN5なので術者無しで打つには重い。
術者を据えて使うべきカードの1枚。

•No.595:毒符『樺黄小町』
お手軽過ぎる離反工作。キャラクター次第では、かなりのアドバンテージになり得る。
N6では有るものの、ギャストリドリームと同じC3なので扱い方次第では非常に強力。
但しG4であることを考えると4/4を超えない戦闘力持ちは奪いたくない。


•No.596:妬符『グリーンアイドモンスター』
大きくなあれ嫉妬の化身。
どれも条件を満たさないことはあまりないだろう。なのでN3C2の4/4と割り切っていてもいい。
パペットリッターを合わせ、貫通さえ付けれれば早い段階から殴れる幻想生物か。


•No.597:傘符『細雪の過客』
ロック路線を走る事に決めたらしい小傘ちゃん。
効果自体はターンプレイヤーが決めるのだが、いかんせんその効果がきつい。
ところで、2の効果は3ノードなければ解決しなくてよい。
これらは自動γだが、破棄された場合1と3の効果は継続されるのだろうか?


•No.598:国符『三種の神器 剣』
草薙剣をデッキに入れるなら確実に入れておきたいカード。
装備自体の戦闘修正も神器であることから悪くなく、not伝説持ちに付けれることが非常に大きい。


•No.599:狗符『レイビーズバイト』
エラッタ後の考察で行きます。
非常に強力な戦闘修正と、防御時クラウンヴィジョンを強制するかの様な効果。
しかし、相手キャラに付けることでとてつもないダメージが生み出せた。今となってはエラッタが掛かったが、それでも少なくともターンごとに2点のダメージは期待できる。


•No.600:拳骨『天空鉄槌落とし』
ライフ差を0にするか1ダメージ与えるか。
ねこぱんちソリティアなるものがあったが、それが正しい使い方に思えなくもない。


•No.601:天上剣『天人の五衰』
神、天人、魔界人を振り切る。
強力といえば強力なのだが、採用するかといえばなんとも言い難いものがある。


•No.602:幻世『ザ・ワールド』
時が止まる、もといスリープ状態のカードの時が止まる。
キャラクターが基本的にスリープ状態で出るこのゲームにおいて、出たばかりのカードの動きがこれ1枚で止まることも少なくない。
5弾咲夜と3弾椛をアタッカー。奇襲or速攻、更に回収効果持ちである彼女らは非常に相性がいい。レイビーズバイトの採用も楽。


•No.603:転覆『道連れアンカー』
小町化。この能力は結構厄介。
みすちーorルーミアアンカーなど使い方は様々だが、自分で決死にするよりも相手に決死にせざるをえない状況を作らせたいところ。


•No.604:転世『一条戻り橋』
冥界のカード3枚をデッキに戻し1ドロー。
戻したいカードの筆頭としては各種除去やドローソース、果てには1弾永琳もある。

•No.605:鬼声『壊滅の咆哮』
貴重な直接破棄カードである恐ろしい波動のスペル版。
小回りも利くので除去としての性能は悪くない。
しかし、使うには1枚は冥界にこれを落としておかなければならないのが大きなネック。

•No.606:妖怪『火焔の車輪』
君が棒立ちするまで殴るのをやめない。
細かく言えば、決死にさえすればそれを食うのかまたアクティブ状態になる。
戦闘力も決して低くないが、運用方法といえば壁としての使い方の方が有効な気がする。
ドリームワールドと諏訪大戦が生涯の伴侶。

•No.607:熱符『ブレイクプロミネンス』
攻撃力が最も高いキャラクターを焼き尽くす。
今回は人形であろうと焼いてしまう。N6が非常に高い値なので、使い勝手は良いとは言えない。
だが、切り返しスペルとしては悪くないと思える。

•No.608:脳符『ブレインフィンガープリント』
こういったカードは大好きです←
相手との心理戦を強要する。1弾幽香を見せて、権謀術数をちらつかせるとか凄くやってみたい。

•No.609:難題『蓬莱の弾の枝 -虹色の弾幕-』
最後の難題カード。+4/+3と戦闘修正も決して低くないのに、更に追加の修正とは…。
神器の枚数次第では、カード効果への耐性も得られるのが大きい。
難題でも最高クラスの能力か。

•No.610:運命『ミゼラブルフェイト』
相手のハンドが多いならこれが決まると結構大きい。
しかし、NCの非常な重さと、その後の回収効果の範囲。
少なくともC0カードを選ばなければ3枚回収は出来ないが、強引な取引2枚を回収されたりしたら目も当てられない。

•No.611:『反魂蝶』
新たな特殊勝利条件を含んだカード。
西行妖デッキが好きという人は結構多いのではないか。
基本的に狙いにいくのは5枚の効果だろう。しかしこの5枚+場に西行妖の条件を満たすのはそう容易ではない。
壱符魔理沙を上手く組み合わせたいところ。

•No.612:宝符『黄金の震眩』
+2/+2の修正がどれほど厄介かはVISIONを暫くやっているとわかるはずである。
装備が無いと腐るが、ひとまず冥界に落としておいて回収するという手が使えるので完全に腐ってしまう事はあまり無いだろう。
実際、星に付けるととんでもなく厄介。

•No.613:錬丹『水銀の海』
水銀は攻撃力を上げる効果があるのよ(キリッ
攻撃or防御を行ったキャラクターが決死状態になる戦闘ロック世界呪符。
パペットリッター憂いの雨でもとてつもないダメージが生み出せる上、ぬえゴットンとも相性が良い。
決死にするタイミングは1回のみ。装備付き星などが悠々と攻撃を行える。
7弾妹紅は常時効果を使うタイミングが無いので不可。

•No.614:魔法『魔界蝶の妖香』
サーヴァントフライヤー?その程度の数で立ち向かえると思ったかーっ!
最高11枚の魔界蝶を場に出せる。しかし、どれもシナジーが存在しないのが辛いところ。
魔界デッキに突っ込んでおくと、たまに打点増強してくれる。

•No.615:恨弓『源三位頼政の弓』
+5/「-5」と、セットできるキャラクターが限られた装備。
これを付けて、パーミを抱えておくとどや顔が出来るはず。しかし森羅結界には注意すること。
スポンサーサイト
プロフィール

shiroha

Author:shiroha
佐賀県でまったりとVISIONやってます。

リンクフリーですが、相互リンクも歓迎です。

mixi→shiroha
Skype ID→shirohakuroha

Twitter
VISION公式サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。