スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

spco vol6 カード考察

さーて、続きやって行きます。

キャラクターカード
•No.651:風神の奇跡チーム
パッケージカード。さなすわユニオン。
3弾諏訪子の様に、相手の防御に制限が掛かる。また、5弾早苗の様に相手の攻撃を阻害できる。
諏訪子の効果は払わせるコストが4点と上がっており、相手の防御を阻害するには十分な値だろう。しかし、グレイズが4であることを考えれば1度直接攻撃を当ててしまえば次の攻撃は防がれるのが問題。
早苗の効果はコストが有るもののコストスリープが無くなっている上に、攻撃を行っていれば対象は何でも構わない。相手に空防御させることも可能だ。
コストさえあればがんがんパワーで押していけるが、Vol5のカードを見てると除去耐性持ちではないのが惜しく見える。

•No.652:猛火の侵攻チーム
サナカナユニオン。神に逆らうとキャラ以外のカードを1コストで吹っ飛ばされる。
これも風神の奇跡チームと似て、連結元の強化版の様な能力を持っている。
呪符、世界呪符、装備、装備/場なら1コストで相手ターン制限も無く破棄出来る。
もうひとつは、1ターンに1度、相手キャラの防御を無効に出来る。防御が無効になることは、攻撃が素通りする事と同義なため非常に強力な能力だと言えよう。7弾椛と合わせると確定ハンデスが出来る辺りいやらしい。
場に出たら真っ先に除去したい。


•No.653:信仰の神風チーム
二柱ユニオン。
自分の場の人間の枚数により能力が増えていく。早苗5弾が居れば即座に全ての能力を得ることが出来る。
2枚以上でキャラクター効果に対する耐性が付くが、これは自分の場のキャラクターの効果まで受けないようになってしまう。
3枚以上でブロック不可という攻撃的な能力を得るが、G5の返しでギャストリドリームが打てるレベルであり、またスペル耐性は持ち合わせていないので過信は禁物。


•No.654:漆黒の怨霊チーム
なぜまた魔理沙ユニオン4枚目。魔理沙ファン以外そう思ったと思う。
みままりユニオン。効果は魅魔そのものであり、耐久力が低いのというのは二人の特徴である。マナチャージを持ってはいるものの、あまり使う機会は無いだろう。
なにせ追加された効果によりとてつもなく攻撃的かカードになったわけで。
自らの先制を無効とし、+3/-3と貫通を自分に与えると言うもの。これにより戦闘力は12/1となり玉兎やサニーのブロックで撃破されるようになってしまう。これにより自動γを簡単に発生させれるようになってしまった。玉兎のブロックだけで、11+12=23ダメージが簡単に叩き出せる。
しかし耐久が1となることで不意打ちで簡単に落とされる事を念頭に置いておかなければならない。相手の手札には気をつけること。幸いシュート・ザ・ムーンの術者なのでこの辺りの対策は出来るだろう。
魔理沙が人間、魅魔が幽霊+神だった為、幽霊が削除されている。死霊の復活で場に出せないのが悔やまれる。


スペルカード
•No.655:秘法『九字刺し』
3弾環境でよく使われていたグレイソーマタージが、更にS仕様になって帰ってきた。
グレイソーマタージと違う点は、2つの追加効果である。
・カードの効果を受けない
リニューアル前にこの記述を持っていたカードはリニューアルに際し「カード効果の対象にならない」と書き換えられた。しかしまたこの記述が出てきた。ディマーケイションはキャラクターを対象に取らないので、これに対する記述かと思われる。
・3ダメージ
放っておくと本当に18ターン、つまり往復9ターンでやられる。
この3ダメージを対処する方法がこのカード自身の直接破棄しかないので、それらの対策をしていないと厄介なカードになる。


•No.656:土着神『御射軍神さま』
よく見たら早苗さんが喰われてる。
3弾で登場したミシャグジの強化版で、貫通を新たに携え帰ってきた。さらに人間が居ればアンタッチャブルと、場に居ればフィニッシャーとなり得る。
このアンタッチャブルが厄介で、貫通があるというのにイリュージョナリィブラストで返すことが出来ない。ブラストは対象を取っているからだ。
攻撃する側としては、人間を確保して一気に決着を着けたい。アンタッチャブルも相手カードだけなのでミスディレクションや密命は気兼ねなく使うことが出来る。


•No.657:天竜『雨の源泉』
オーキド「ここに5つの水滴があるじゃろ?」
3滴選べます。なんと太っ腹だ。
状況に応じて色々使えるだろうが、1,2,4を選べば手札が4枚増えるだけでもかなり強い。
効果の1つ1つが元々別カテゴリの基本的なカードが持っている効果またはそれ以上の力を持っているので、1枚使うだけでも簡単にアドバンテージが稼げる。唯一稼げないのはノードアドバンテージだが十分すぎる。
連結元に守矢神社が含まれているのが一番難しいところ。これだけはどうしても工夫が必要だ。


•No.658:魔空『アステロイドベルト』
マスパが涙目じゃないかこれ…?
場のキャラクターに総計で15ダメージを与え、更に相手の場のキャラクター以外のカード1枚を破棄出来る。
15ダメージあれば大体3枚以上は決死状態を取ることが可能だし、マスパの出番が無くなりそうである。
連結元はイベントホライズンと採用が難しいカードだが、相方の流星祈願会は普通に採用圏内。
エニグマティクドールに15ダメージ叩き込んでやりたい…!!


コマンドカード
•No.659:祟り神の薫陶
薫陶→徳の力で人を感化し、教育すること。(大辞泉より)
手札の連結カードを破棄することで3枚ドローできる。ノーコストで使うだけで手札が1枚増えるという、アドの塊。
なのだが、破棄するために必要なカードは連結持ち。種類は問わないが連結はデッキに入って3枚程度なので初手に揃う確率も精々7%程度のものであり安定性に欠ける。
打てればかなり強いがそれまでが地味に厳しそう…。


•No.660:乾坤一擲
乾神とは神奈子のことであり、一擲(イッテキ)とは一度に全てを投げ捨てること。フレーバーテキストからもそれが見て取れる。
シャッフルしたデッキトップ4枚を公開し、スペルがあればそのうち1枚を条件無視で使用することが出来る。
博打技と言えば博打技だが、連結条件を無視できると言うのが無視できない。スペルカードが多めの構成なら狙いやすいか。
このカードが打てるN4時のデッキ枚数は大体35枚程度。これにスペルが9枚入っているとし、計算してみた。
1枚以上が71%
2枚以上で26%
つまり、打てるスペルに選択肢があまり無いと考えた方がいいだろう。
ちなみに相手の行動に干渉してスペルが打てる唯一のカード。メガフレアでも打って相手メイン終了だー!とか思ったら「あなたのメインフェイズ」でしたとさ…。


さて、以上となります。これらが環境に影響を与えることになるのか…?

期待したいところ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiroha

Author:shiroha
佐賀県でまったりとVISIONやってます。

リンクフリーですが、相互リンクも歓迎です。

mixi→shiroha
Skype ID→shirohakuroha

Twitter
VISION公式サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。