スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9弾カード考察・・・キャラクターカード編

さて、去るC79において、VISIONの新弾である「天空の覇者」の頒布が開始されました。

今回のエキスパンションでは新たなシステムの追加は無いものの、新たな戦術が2つと特殊効果が1つが追加されました。
これらがゲームに影響をどう及ぼすかは見物ですね。

また「妖精大戦争」の登場に伴い、今までスペルを持たなかった三妖精も各々に2枚ずつスペルを持って登場、キャラリメイクなど結構強化が施されています。

個人的に一番驚いたのは「黒猫」の強化。


では当てにならないカード考察始めましょ。

No.661:和蘭人形

破棄される事によって相手に2点のダメージを与える事が出来る。
決死状態をトリガーとする訳ではなく、直接破棄効果などで効果が回避されないのもキャラクター効果としては珍しいポイント。


No.662:藁人形

アリスが居ると、相手ターン効果で戦闘力が変動する。
相手の一番戦闘力が大きいキャラに使ってそれを防御したとしても、取れるのは相打ち又は両者決死。先制持ちなら一方的に打ち負ける。
相手の小型キャラを防げる程度か。
実は初の速攻の戦術を持つ人形。いや、事実上の速攻を持つエニグマティクドールは置いといて。


No.663:オレンジ

自分が効果ダメージから完全に守られる。バーンデッキの天敵。
もう1つ効果が有り、相手ターン限定な上に自分の妖怪の耐久力が1上昇する。警戒持ちの為にすぐに効果が使えるのもポイント。VISIONでの1点と言うのは何気に馬鹿に出来ない。


No.664:玄爺

霊夢が出ると、手札から出たり蘇ってきたり。この効果は霊夢が場に出る手段を問わない。
装備として他のキャラクターに付ける事が出来、警戒を持たせる事が出来る生きた「蟲の知らせ」。
霊夢を含む連結カードでも場に出す事が出来るだろうが、2人乗ると結構きつそう。


No.665:明羅

戦闘時にデッキトップがキャラなら手札に加えてコスト分戦闘力が上昇。
軽い先制持ちだが能力が不安定というのは結構厳しいか。
天魔様がデッキトップだととんでもない戦闘力になる。


No.666:里香

戦車むすめ。コストを支払う値は何でも良いが、戦車の名称持ちを場に出すために2or6でコストを支払う事が多いだろう。
効果は原作再現っぽく、場に出た時に支払ったコストと同等の戦車を場に出して乗り込ませることが可能。グレイズ0の為、アタックして3点以上が見込めるのは大きい。


No.667:ふらわ~戦車

普通に使うと警戒持ち2/2でG2の微妙なキャラクターでしかないものの、装備カードとしてセットする事でそのままの戦闘修正を付けられる。
2/2装備自体はそれなりのスペックであり、またこれが破棄されることにより相手に直接ダメージが与えられる。
なぜキャラが乗っていないと爆発してもダメージは入らないのか…。
イビルアイへ繋ぐなら必須。


No.668:大妖精

妖精限定の吸血鬼幻想を内蔵したキャラクター。事実上の2/2キャラ。
展開力さえあれば、この上昇分が大きく相手に響く事になるだろう。しかし妖精デッキ以外で活躍の場は無さそう。


No.669:くるみ

奇襲を持った3/1キャラ。攻撃が通ると自分のアクティブノードが1枚増える。
序盤に十分戦闘可能なキャラが場に立っている事は少なく、大体は攻撃が通るので自分のアクティブノードは簡単に増やせるだろう。
攻撃力が3点と言うのも有り、小型キャラなら簡単に倒せる為にあまり戦闘で防御したくないキャラでもある。


No.670:キスメ

裏向きカードが相手のカードの効果対象にならなくなった。
自身のスペルである「釣瓶落としの怪」、「ウェルディストラクター」とも相性は抜群で、相手に妨害されない。
また、鰐が戦闘力が上昇する上に効果を受けない為、対策が難しくなった。


No.671:リリーホワイト

2つの妖精に依存する効果を持つ。
・プレイされた場合に、妖精が居る分だけスリープノードが増える。妖精デッキに積んでおくと、物凄い勢いでノードが増える。
・自身が決死状態になった際に、妖精が居る分だけライフが回復する。決死時にはまだ場にある扱いなので、最低1点は回復できる。
なお、後天性変異で別の種族にしておくと完全に腐る。誰がするんだ。
いずれも自身の場に依存するので過度に期待はしない事。


No.672:リリーブラック

奇襲する事により、自分の攻撃中の妖精がパワーアップする。
その修正値も自分で好きなように割り振る事により、相手を一方的に倒してしまうことも可能なレベルになる。
また、攻撃が通るようなら奇襲でプレイして5点パンプ等、妖精デッキの切り札になりそうだ。ライフが6点無い場合、1弾サニーの攻撃を通しても即死する可能性が有る為、常に警戒が必要。


No.673:ルナチャイルド

場に出た時から妖精デッキのスピードが格段に変わるであろう1枚。
手札の妖精全てに奇襲を付加してしまう。そして、スリープ起動効果で妖精持ち1枚に隠密を付加できる。
一番メインで使われるのはこの奇襲付加効果だろう。自身も奇襲持ちの為、手札の妖精が一気に出た挙句にリリーホワイトでノード補充など…。


No.674:スターサファイア

種族が違う事を除けば、7弾ルーミアと全く同じ。
ここから何を出すかが結構悩みどころで、繋ぎとして優秀になるのは多分ルナチャ9弾。
自身も出てくる事から、呪精のトリガーにする為に攻撃しに行けるのも良い。


No.675:サニーミルク

疑似的な決死耐性を持ったサニー。それは槌の子を置かれてもマナチャージできると言うしぶとさ。
ノードが3と言う事もあり、序盤の展開速度としては5弾アリスと同じ。1弾サニーとどちらを採用するかが悩ましい。


No.676:黒谷 ヤマメ

2枚しかない新戦術:即死持ちの片割れ。
ダメージさえ与えればキャラクターが即死すると言うこの能力と、相手の冥界のキャラ1枚を奪い取り、その種族全てに維持コスト1点を付与するいやらしい能力を手に入れた。
この維持コスト効果は自分の場のキャラにも影響する為、使用の際にはよく考える事。
これから強くなりそうな妖精デッキに対するメタとしても強力に機能する。今までの環境でもプリバや魔界人には大ダメージ。


No.677:水橋 パルスィ

相手より手札が少なければ、N3C1で5/6と言う結構なサイズのキャラになる。また場のカードが少なければ2コスト支払う事により、貫通を持ったアクティブ状態になる。
N3C3で10点を素で狙いに行ける点をどう見るか。また、種族が妖怪・鬼と言うのをどう見るか。他のキャラには無い特性の多さがパルスィなので、使い方次第では面白そうな感じ。


No.678:小悪魔

戦闘修正は現環境ならほぼお飾りに近い。真価はもう1つの効果にあるだろう。
デッキを見た中に、このカードが含まれていれば処理を中断してその中からこのカードを出す事が可能。戦闘力も4/2と、ついでに出てくる分としては申し分ないスペック。
デッキを全て見る手段だけでも数が非常に多いので簡単に4点持って行かれる可能性が出てきた。


No.679:エリー

警戒を持った逆勇儀姐さん。
グレイズ2点で攻撃力5点とグレイズ効率は悪くない。死なないようなら気兼ねなく殴りに行ける。
相手ターン限定だが、スペルコマンド効果に対する決死耐性を持つのが良い。
が、しかし現環境ではキャラによる除去が多かった感が有る為、この効果を上手く発揮できるかは微妙。


No.680:紅 美鈴

自分の場のキャラクターがスペルの効果で決死状態にならず、また警戒を持つ耐久6点。
スペルの効果で決死にならないと言う事で真っ先に出てきたのは水銀の海での総攻撃。
また8.5弾環境で少し出ていたアステロイドベルトも死に札にできる。
スペルによる除去が多かったかと言われると何とも言えないが、自分で組み合わせることによって化けるであろうカードの1枚。


No.681:上白沢 慧音

吸血鬼幻想の人間版。戦闘力は5/3で場に出てくる。
もう1つの効果は自分の冥界のカード2枚までを除外する。スリープがコストとして必要だが、警戒を持っているのでさほど気にならないかもしれない。メリーを除外したり、無縁塚の被害を最小限に抑えたりと使い方は工夫次第。


No.682:火焔猫 燐

黒猫から化けた瞬間に呪精を3体まで連れてくる。
また、呪精を破棄する事で基本3点のダメージを相手に与えられる。呪精アタックして爆破するだけで5点、耐久力が上がっていればその値が反映されるので何気にダメージとしては高めかも。


No.683:霊烏路 空

まさか場のキャラのノードが上がるなんてねぇ。
効果は自分の場のカードを破棄することにより、そのノードの値以下のノードを持つキャラクター1枚を決死にするというもの。この効果は目標を取らないため、5弾こいしも簡単に撃破できる。
十凶星とシナジーは無いが、その術者と言うだけでも評価できる。


No.684:朱鷺色の妖怪

コストが3と重いものの抵抗(2)を持つ。
打ち消しづらく、強引な取引を内蔵している為にプレイすればほぼ2ドローが通るだろう。
現環境でメインのドローソースには強引な取引、流星祈願会、紅葉狩りなどコマンドカードが多く、これらのドロー部分を封殺できるだけでも強力である。
自分も対象に含まれるのは要注意。


No.685:姫海棠 はたて

抵抗(2)で先制持ちの4/5と、コスト対スペックは十分。
自分のコマンドカードに抵抗を付与するが、これ手札のカードまで抵抗持たせる必要は有るのか…?
自分がコマンド防御重視なら、出るだけで相手のオフェンスは結構厳しいものとなる。またその逆も然り。


No.686:星熊 勇儀

これなんてメビウス。
場に出るだけでキャラ以外の場のカードを1枚破棄できる。今まででもぬえゴットンやミステリウムなど、場に出れば厄介だったカードはこれ1枚で消し飛ぶ。
目標は自分または相手の場を問わないので、マイナス効果の呪符なども消し飛ばせるのは大きいが環境を選ぶカード。


No.687:伊吹 萃香

セットされたカードによって大きくなる萃香。
また、他のカードにセットされたカードを自分に1枚セットする効果を持つ。目標は何かにセットされていれば良いので、相手キャラの装備や呪符も奪い取れる。奪い取った神器で殴り返してやれば、相手もたまったもんじゃない。
必要無くなればちび萃香に変換して攻撃することも可能で、この効果の起動には制限がない。ある程度の枚数溜まれば1ショットキルを決めることも夢じゃない。


No.688:古明地 こいし

多分プレイを無効にされないであろうキャラクター。さとりといればデッキと手札が防御できる。
プレイされて場に出た場合、相手のデッキからスペルかコマンドを1枚ランダムにプレイしてしまう。
この効果でプレイしたカードはタイミングの都合で無効にされないようなものなので、取引でも当たると結構おいしい。マナ生や作戦阻止とかなら多分泣いて良い。
ちなみに当たらなかったらどうなるのかしら?


No.689:古明地 さとり

こいしがいればコマンドから自身を守れる。目標にならないだけだが。
カード種類を宣言し相手の場の裏向きカード1枚を破棄して、それが当たっていれば自分に貼りつける。またそのカードをプレイすることも可能。キャラクターを奪えたりすれば儲け物。しかし、マイナス効果を持っていたりすると自身に損害が及ぶ。よっぽどの事がない限り現環境でマイナス効果の呪符などが付く事は無いだろう。
破棄してセットする効果の処理順は、破棄するまでの記述を解決して処理を終了し、そこから行われる破棄の解決時に2番の部分で解決されるのだと思う。

1. 「破棄する(される)場合」という効果の解決。
2. 「破棄した(された)場合」という効果の解決。
3. そのカードにセットしているカードに「破棄する」効果が適用される。
4. セットされたカードに対しての「破棄する(される)場合」という効果の解決。
5. セットされたカードに対しての「破棄した(された)場合」という効果の解決。
※セットされたカードに更にカードがセットされている場合、それらについても同様に解決していく
6. カードおよびセットされたカードを任意の順序で冥界の上に置く


No.690:永江 衣玖

巷では神ジェイスとか言われてるらしい。実際そんなカードがMTGにありました。
冥界の「目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果」を持つカード2枚を除外すれば簡単に場に出せる。しかもアクティブである。
相手のデッキトップを見てそれをデッキボトムに送ることも可能で、自分にとって嫌なカードならボトムに送ってしまえる。相手のドローがほぼ筒抜けになる嫌らしいカード。


No.691:八雲 紫

公開されてた頃にはぶっ壊れとか言われてたのに、今はどうなったのよ。
打ち消しづらく、また効果自体も非常に強力で、1弾藍を組み合わせれば8点の打点が簡単に飛んで行く。実質4コストの8点速攻キャラとも言える。この手の効果には珍しく、場に出すキャラが既に場にいてはいけない様な制限も無い。
フレーバーテキスト通り工夫をこらさないと除外されて、勝つのはそもそも無理。


No.692:飛行戦車イビルアイΣ

これ戦車なのか?
これが手札に有れば、ノードセット→マナ生→C2里香からのふらわ~戦車で1ターン目にでかいのが場に出せる。
特筆すべきはキャラクターに装備した時の戦闘修正。
+5/+5という神器を軽く上回る戦闘修正を持ち、これをシルフィホルンに付けた場合相手の場にキャラクターがいなければゲームセットになってしまう。また相手ターンに離脱可能と、何かとしぶとい戦車である。


No.693:上白沢 慧音(白沢)

慧音から場に出せる事は無くなったが、相手のカード効果で捨てられた場合に場に出てくるようになった。衣玖さん見てるとせめてアクティブで出てくれてもいいと思う。3コストあるので、シュートザムーンで落ちやすい部類に入るだろう。
貫通6点と言うそれなりの貫通力で、戦闘ダメージを与えた際の効果が非常にマッチしている。
冥界のカードが再利用される効果だが、これは強制である点には注意。


No.694:比那名居 天子

プレイされて場に出れば緋想の剣を持って出てくるために戦闘力が7/7となり、グレイズ3では非常に効率が良い。ノードの値から見ても、戦闘力は最高レベル。
滅多にないだろうが攻撃が通りそうにない状況であれば、冥界の要石を飛ばす事で相手に直接5点のダメージを与えられる。
飛ばす要石は目標。干渉で除外されたりすると空振る。
本人のスペルであるカナメファンネルを付けると除去がかなり難しくなる。


No.695:パチュリー・ノーレッジ

戦闘ダメージは完全に受け流すパチュリーさん。特殊な出し方を要求せずに場に出せるキャラクターとしては初のマナチャージ(2)を持つ。
アクティブノードの枚数分コストが減る為、4枚アクティブならコストが0で出る。
また、プレイして場に出せば自身のスペル1枚を手札に加えられ手札の消費も無い。お供の小悪魔もこの効果で出てくるため相性は抜群。


No.696:魂魄 妖忌

イラストのカッコよさがヤバい。さらに戦闘においては勝てる者がいない速攻先制即死持ち。
場に出ているだけで自分の冥界を相手のカードから守る事が可能。しかしこの効果はおまけ程度。
このカードが効果で除去されようものならリーインカーネイションでも撃ってしまえば良い。妖夢を呼び出しつつ後続の爺さんが手札に入ってくる。一番の悩みどころは妖夢のチョイスだが。


No.697:霧雨 魔理沙

なんで5弾で八卦炉付かなかったのかなぁと思ってたら今頃付いた。戦闘力は7/4になる。 八卦炉にスペースを割く事になるものの、効果は十分それに見合うものとなった。
与えるべきダメージは戦闘ダメージなので、貫通でこれを与えても効果が発生してデッキからカードをぶんどる事が可能。7点先制に勝てるキャラクターはそうそういないので戦闘でも非常に優秀。
貫通を含み、効果の使用には大体2~3コストの消費が伴うが、取引や威令などの強力なコマンドカードを潰しつつ自分が使用出来る辺り、そのコストは安いものではないかと思ってしまうほどである。


No.698:博麗 霊夢

可愛い。大型キャラになった霊夢。抵抗(3)で打ち消す人なんて多分いない。寧ろこの可愛さに誰も打ち消せない。
自分の場のキャラを目標にして来た相手のCIPキャラ効果を無効にしつつ出てくる霊夢可愛い。ちょっと手加減してあげてる辺り優しくてああもう可愛いなぁ。
自分が戦闘ダメージを受けた時に心配してそのキャラにダメージを与えてくれる霊夢可愛い。
何が言いたいかって言うと霊夢が可愛すぎて9弾が楽しい。


No.699:夢月 & No.700:幻月

夢月は先制を持ち人間に耐性、幻月は貫通を持ち妖怪に耐性。
プレイさえすれば相方が場に出てくる上、相方が居れば戦闘力も上がる。
賢者の封書やDNAの瑕を使えば、相方が気持ち悪いくらいに出てくるというこの2人。並べば十分強いものの、除去に耐性が無いのが困りもの。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiroha

Author:shiroha
佐賀県でまったりとVISIONやってます。

リンクフリーですが、相互リンクも歓迎です。

mixi→shiroha
Skype ID→shirohakuroha

Twitter
VISION公式サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。