スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

spco Vol.8 カード考察

Vol.8は場に出るまでが厳しいカードが多いと言う印象を受けます。
まあ、リメイクがまだ入っていない為にナズーリンを除けば物凄くキャラが重いですし当然と言えば当然なのですが。
つまり、その内化ける可能性も十分に有ると言う事ですね。期待。

キャラクターカード

No.771:魔界の武神チーム まかいのぶしんちーむ
聖星ユニオン。相手キャラの若さを吸い取れる。
自分の場のプラス修正を受けているキャラクターが決死状態にならなくなる。プラス修正は、戦闘力変動の加減算の部分が最終的にプラスになっていれば良いと思われる。+2/-1なら結果として+1になるので問題ない。
キャラクターの戦闘力を3点ずつ吸い取り他のキャラクターに与える効果が、上記効果とシナジーするため、スペル除去にはほぼ確実に耐性があり、最近多いジェラシーもにもかなり強い。除去としては最強の部類である0耐久力を持ち、使用制限が無いのでフィニッシャーとしても優秀。
ダークサイドオブザムーンを合わせてデッキを組んだが、これが結構良い。ルーミアと小悪魔の相乗効果、更にはこれが魔法使いを持つことによる小悪魔への戦闘修正と、ダークサイドオブザムーンの全体修正と合わさると除去耐性も相まって結構な悪夢。


No.772:奇矯の魔術チーム ききょうのまじゅつちーむ
聖ぬえユニオン。当然二人とも穿いてない。寧ろ穿くな。
とにかく重い。紅月の女王チームと比べれば幾分マシだがそれでも重い事に変わりは無い。
プレイ時にぬえをデッキから冥界に落とせるが、ぬえ自身はサーチ手段が無い事も無いので問題は聖の方をどうするかが問題。別に黄泉の舟有れば圧縮も兼ねるし…。
プレイした瞬間スペルを自分の場に幻夢として出せるが、大型を主軸にする構成はスペルがそこまで多く見られない事が多いので構築に工夫が要りそう。ただ、除去の大半が瞬間で有る為に、除去しつつキャラを出すことでキャラ数を2詰めれるこの効果が弱い訳は無い。


No.773:幻想の探求チーム げんそうのたんきゅうちーむ
星ナズユニオン。装備をフルに活用する辺り輝夜に似たものを感じる。
連結高ノードキャラにも関わらず、妖魔の眷属で簡単に場に出る1コストキャラ。
ナズーリンペンデュラムも素材になる、マイ詐称並みの謎っぷり。
自分の冥界の装備1枚を自分のキャラにセットできると言う、修繕とそのプレイまでの手順を1手で行う事が可能。装備と言うと神器を装備したくもなるが神器効果無視を持っていないので出来ない。まあ、宝塔が神器レベルの除去性能を発揮するが。
場の装備1枚を手札に戻す効果は相手の装備も対象に出来る事は覚えておこう。相手が装備を付けて動こうものなら手札に戻してやればいいし、自分のキャラが除去されようものなら装備だけでも戻せばセットカード共通のアド損は軽減できる。


No.774:眠れる恐怖チーム ねむれるきょうふちーむ
幽香とエリー。衣玖天じゃなかった。
Xが場以外では0なのでルーミアで出てくるというまさかっぷり。ちなみに風見を持っていないので、スペルの術者及び横溢の追加効果誘発としては使えない。まあ、旧作なんで当然と言えば当然。
自分のライフが優勢であればある程戦闘力が上がり、さらにカード効果の目標にもなりづらくなる。ライフがイーブンから攻撃干渉で魔力還元でも撃てようものなら大ダメージ。
7弾椛の様に攻撃を介さないハンデス能力を持つので、戦闘力が低くても場に放っておけばそれなりに働いてはくれる。


スペルカード

No.775:超人『聖 白蓮』 ちょうじん『ひじりびゃくれん』
幻想生物化すればあなたも超人になれる。ただし、魔力消失を打たれると魔力だけでなく身体まで失う。
維持コストに当たるものが少々特殊な幻想生物。魔法使いか魔法の名称持ちを除外する必要が有る。
効果は元の白蓮の効果全てを一気に付けてしまう効果で、使えば大体当たり負けはしない。
面白いには面白い物の、キャラクター感覚で出すとまずこの維持を要求されるので、正直使い勝手が悪い。場のアクティブ白蓮を除外して出すとかならまだしも…。


No.776:光符『正義の威光』 こうふ『せいぎのいこう』
1弾映姫に付けたら誰もがひれ伏す。
自身のノード以下の相手キャラの攻撃及び防御を制限する。場で自分のキャラのノードが一番高ければ、付けるだけで別のキャラでぼこぼこ殴りに行ける。自身がアクティブである場合なので。
もう一方の効果は裏向きのキャラクターに対し効果を付加する。相手がコマンド以外の無効手段を持たないのならば、相手の場にパペットリッターを送り込み、地霊殿を打つだけで9点か12点のダメージを強要できる。
この効果だけは自分も影響を受けるのは注意。


No.777:正体不明『紫鏡』 しょうたいふめい『むらさきかがみ』
紫鏡の伝説。20歳までこの言葉を覚えていると鏡の破片に全身を刺されて死ぬと言う奴です。
プレイされて場に出た時に、デッキの上のカードを相手キャラに付け、そのまま放っておくとそれらが決死状態になる。召喚魔術などで場に出してしまうと単なる0/3となってしまう。
転化の使い勝手は悪くないので、環境次第でそれなりにメタになる正体不明の鏡が環境に入ればぬえデッキにおいて採用の余地は有るか?


No.778:守符『ペンデュラムガード』 しゅふ『ぺんでゅらむがーど』
幽霊船の港を装備するとこんな感じになるのだろう。
瞬間スペルの対象にならないという除去耐性を持つが、キャラクター効果やコマンド除去が多い現環境においてはあまり役に立たない効果だろう。
幽霊船の港と違うのは装備先のキャラクターが攻撃力を持つ事。その為攻撃に参加できる事が大きい。耐久力も有るので相手のブロッカーを1枚減らせる可能性があるからだ。
死守にもこれで使い道が出るだろうか。


コマンドカード

No.779:運命の輪 うんめいのわ
アクティブならば、自分の連結持ちのプレイノードとコストが軽減される。
しかしこれをプレイする為に1コスト支払うという事も有り、1ターン目に騒霊三姉妹チームを使いたいならファーストピラミッドで良い。この効果にあまり旨味は感じられない。
また、2コスト払って冥界の連結持ち1枚を手札に加えられるが、キャラならば秘密結社、スペルならテリブルで良いという事も有り、今の所使い道が…。源泉で使うか…?


No.780:軋轢 あつれき
融合解除と言ってやるな。
場の連結キャラの連結を解除し、その連結元を場に戻す。
心霊の火車チームとの相性は上々。除去に合わせて打ってやり、その後さとりとお燐が除去された時にでも再度連結すればいいので戦線の維持がしやすい。
総打点で見れば連結を解いた方が戦闘力が高い事が多いので、相手のフルパン後に軋轢を起こしてしまえばそれなりのダメージが見込める。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiroha

Author:shiroha
佐賀県でまったりとVISIONやってます。

リンクフリーですが、相互リンクも歓迎です。

mixi→shiroha
Skype ID→shirohakuroha

Twitter
VISION公式サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。