スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合ルールに変更が加えられました。

重要そうなのを幾つか挙げて行きましょ。

3.2.5 デッキの非公開情報を効果によって全て公開、あるいは全て見た時、効果でシャッフルを指示されなかった場合、効果の解決終了時、「または、他の効果でデッキのカードをドローする等、操作する場合」、その直前にデッキをシャッフルする。

「」で囲った部分が追加点。

今の所ないっぽいですが、即時解決である自動αによって「デッキを見た場合1ドローする」という効果があったとしましょう。
その時に魔法研究を打った場合、デッキを見て、「シャッフルして1ドロー」して、再度見てスペル1枚を手札に加える処理を行う事になります。

また。こちらは五つの難題ですね。

(自動β):〔このカード〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキと冥界〕を全て見て、術者が「蓬莱山 輝夜」であり、それぞれ異なる名称の装備カードを5枚抜き出し、このカードにセットしても良い。その後、デッキをシャッフルする。

五つの難題で装備を5枚正しくセットできなかった場合は、「その後」の効果が適用されないんでデッキシャッフルしないのでは。

なんて質問が有り得ましたが、そんな事が無くなりました。抜き出せなかった場合はデッキのシャッフルが指示されないので、効果の解決終了時にシャッフルしましょう。


7.1.12.d 効果の適用中にその効果のテキストが無効になった場合でも、その効果の解決は続行する。この効果の発生源が問われる場合は、無効になったテキストを所持していたカード
が発生源である。

カンダタロープがこれに当たるでしょう。
このキャラクターが持つ全てのテキストを無効とした場合、この効果すら無効になってしまいますから。


7.1.16 解決された効果はカードから独立する。一定の期間影響を及ぼす効果は、解決後に発生源のカードが領域を移動した場合でもその効果は無効にならない。

1弾の大妖精の効果を解決した後に、それを場から離れさせようが冥界に送ろうが何をしてもその戦闘修正は有効である、と言う事の補足ですね。


9.1.3 取り除く効果が適用された場合、その時点で効果の適用を中断し、取り除く効果の解決を処理する。取り除く効果の解決が終わった後、中断していた効果の適用を再開する。
9.1.3.a 取り除く効果が解決されたことによって中断していた効果の発生源が領域を移った場合やテキストが無効になった場合でも効果は無効にならず、中断していた効果の解決を行う。

今回の最重要項目。
一言で言うならば、決死、破棄、除外が全て即時解決になったと言う事。

今まで、神秘の卵の効果はどう解決していたか。

 〔このキャラクター〕を破棄する。 その後、〔あなたのデッキ〕を全て見て、必要ノードがX以下のキャラクターカードを抜き出し、あなたの場にアクティブ状態で出してもよい。



1:神秘の卵が破棄状態となる
2:デッキからキャラクターを場に出しても良い
3:破棄の解決。神秘の卵とセットカードを冥界に置く

それがこうなります。


1:神秘の卵を破棄状態にし、それとセットカードを冥界に置く
2:デッキからキャラクターを場に出しても良い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiroha

Author:shiroha
佐賀県でまったりとVISIONやってます。

リンクフリーですが、相互リンクも歓迎です。

mixi→shiroha
Skype ID→shirohakuroha

Twitter
VISION公式サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。