スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回佐賀公認大会レポート

参加された方々、お疲れ様でした。

今回の大会はカードプールがかなり特殊な大会でした。

何せ、構築ルールが

「Based Starter1箱だけでデッキを作る」

だったからなんですね。

総数101枚のカードから50+10枚選んでデッキを組むこととなるのですが、それはそれで考える事は多いですし面白いですね。

3弾が出る前辺りからVISIONを始めた私としては、ちょっと懐かしい感じがする大会でした。

今回の記事では、対戦デッキもかなり似ていますし、今回は戦績等はそこそこにしておきたいと思います。

キャラクターがメインとなるフォーマットの為、Based Starter1箱で行う対戦においてのキャラクターの役割等を考察したいな、と。




今回使用したデッキはこちらになります。


デッキ:50枚
キャラクターカード:20枚
1枚:No.001 上海人形
1枚:No.002 蓬莱人形
1枚:No.011 橙
1枚:No.013 ルナチャイルド
1枚:No.014 スターサファイア
1枚:No.015 サニーミルク
1枚:No.016 ルナサ・プリズムリバー
1枚:No.021 上白沢 慧音
1枚:No.023 因幡 てゐ
1枚:No.027 十六夜 咲夜
1枚:No.030 霧雨 魔理沙
1枚:No.031 博麗 霊夢
1枚:No.037 蓬莱山 輝夜
1枚:No.038 藤原 妹紅
1枚:No.041 レミリア・スカーレット
1枚:No.042 八意 永琳
1枚:No.044 フランドール・スカーレット
1枚:No.047 四季映姫・ヤマザナドゥ
1枚:No.156 朱鷺色の妖怪
1枚:No.169 上白沢 慧音(白沢)
1枚:PR.078 伝統の墨守チーム

スペルカード:12枚
1枚:No.059 奇術「ミスディレクション」
1枚:No.063 霊符「夢想封印 集」
1枚:No.064 恋符「マスタースパーク」
1枚:No.068 冥符「紅色の冥界」
1枚:No.070 死符「ギャストリドリーム」
1枚:No.106 幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」
1枚:No.117 神術「吸血鬼幻想」
1枚:No.193 悲運「大鐘婆の火」
1枚:No.198 人智剣「天女返し」
1枚:No.204 秘術「グレイソーマタージ」
1枚:No.211 金符「シルバードラゴン」
1枚:No.272 薬符「胡蝶夢丸ナイトメア」

コマンドカード:17枚
1枚:No.075 マナの生成
1枚:No.078 黄泉の舟
1枚:No.083 作戦阻止
1枚:No.084 秘密結社
1枚:No.088 ミニ八卦炉
1枚:No.092 強引な取引
1枚:No.099 離反工作
1枚:No.133 ディゾルブスペル
1枚:No.134 魔法研究
1枚:No.142 瞋怒
1枚:No.226 香霖堂
1枚:No.228 森羅結界
1枚:No.236 覚醒
1枚:No.237 流星祈願会
1枚:No.239 エニグマティクドール
1枚:No.244 風祝の奇跡
1枚:No.282 幻想の四季

サイドボード:10枚
1枚:No.069 神槍「スピア・ザ・グングニル」
1枚:No.112 疾風「風神少女」
1枚:No.207 光撃「シュート・ザ・ムーン」
1枚:No.212 新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」
1枚:No.262 倭符「邪馬台の国」
1枚:No.079 情報戦
1枚:No.087 白楼剣
1枚:No.094 解呪
1枚:No.137 破壊の目
1枚:No.221 紅葉狩り

色々悩んだ結果カードが70枚を超えていた為、術者が居る事が前提であるかのようなカードを極力抜き一気に枚数を減らしました。
安定性を求めたタイプのデッキになったと思います。
例外として黄泉の舟と墨守チームがありますが、4弾環境がベースのこのフォーマットでは墨守チームはオーバーパワー持ち。成功時のリターンが非常に大きいのでそこだけ安定性無視で投入しています。

参加者4人なので総当たり戦となりました。

ある程度覚えているのだけ書いていきましょう。

【1回戦】JYONさん ○○‐
1-1
M:25 16 14 12 10
O:25 23 17 15 12 9 6 3 Surrender
フランの一撃を受けた後、そのグレイズで断食。フランを除去して吸血鬼幻想で強化した朱鷺子で3点ビートで決着。

1-2
M:25 23 21 19 15 13 11 9 5
O:25 20 17 14 11 0
相手がルナサで先制。こちらがシルバードラゴンで応戦し、そこから輝夜→永琳に繋ぐ。
相手の場にレミリアが出た上、そのサーヴァントに15から9まで、更にスターにライフを5まで削られたものの、相手ががら空きだったのを良い事に紅色の冥界で呼んだ映姫をぶちこんでジャスト。

【2回戦】備品さん △×○
2-1
M:25 21 18 9 13 10 7 4 0
O:25 20 15 9 0
3ターン目に墨守が出せた。これでゲームは貰ったかと思いきやそうは行かないのが幻視の常。
相手の場に輝夜から永琳が並び更にフランまで場に出る。対抗してエニグマティクドールで神秘の人形を出しておくと相手の攻撃の手がある程度緩む。相手がフランで攻撃すると引き分けとなるこの状況で数ターン膠着、その後盤面で数で有利な相手がブロッカーを無視してライフを削って行く。こちらが映姫や永琳を素出しで追加しても流石に耐えきれない中、最終的に相手のフランがアタック。人形で受けてダブルK.O.とし、負けではなく引き分けに持ち込む。

2-2
M:25 23 21 19 14 9 4 0
O:25 22 18 13 9 5 2
慧音アタックからの白沢化。
と、調子に乗ってアタックしていたら相手の場に妹紅とか固いのがわらわらと出てくるではありませんか。
決着を付けたのは相手の離反。魔理沙が持って行かれてゲームセット。


2-3
M:25 22 18 15 11 6
O:25 23 16 9 4 0
自分の場の魔理沙と、相手の場の霊夢。てゐで霊夢を奪って墨守を出そうと考え効果を起動した瞬間覚醒でガードされる。仕方ないので墨守を出してターンを返すと、次のターンに同じ事をされ、墨守が連結素材に使われる。
最終的に、紅色の冥界でキャラをぶつけて行った後に偶然出たフランで決着。

【3回戦】あくえりあさん ○××
3-1
M:25 23 15 23 15
O:25 19 30 22 13 10 8 7 6 5 4 3 2 1 0
相手が輝夜出したりフラン出したりととことんパワープレイ。フランにグレイソーを張ると暫くして解呪されたり。相手の場にフラン、魔理沙、永琳2枚と並び、次のターンで敗北と思った所を幻想の四季トップドロー。こちらのフルパンで相手のブロッカーを全て寝かせ、10枚のキャラで押し通す。1枚はルナサで止められたため、ギリギリ足りない所でした。

3-2
M:25 21 19 10 5 14 0
O:25 21 17 14 11

3-2
M:25 19 15 9 7 5 0
O:25 24
相手の場にスターが出る。次のターンに八卦炉持ってぶん殴られる。次のターンにルナサが防ぐ。これだけでライフが15まで減ります。
そこから、こちらがフランを出してスピア・ザ・グングニルを持たせる。次のターンで9+7+8=24点の致死級ダメージでも叩き出そうかと思っていたら
「マスタースパーク」
その後の膠着状態を、相手がレミリアで打破しにくるがこれをこちらがマスタースパーク。覚醒でレミリアを守りに来るが、残りのノード全てを掴んで離反工作で奪い取り対象を不適切にして一掃。
…そりゃあ覚醒の対象が「キャラクター1枚」だったらどれだけ良い事か。
しかしノード0から返せる訳も無く負け。

以上3回戦で終了しました。
結果は1-1-1(4-3-1)の4点で2位(4人中)でした。


それでは、大会で試合、フリプや話のお相手してくださった方、大会主催の備品さんにこの場でお礼申し上げます。ありがとうございました。


で。
Based Starter1箱環境でのカード評価。

・上海人形&蓬莱人形
デッキ圧縮のお供。全てのカードが1枚しかないハイランダーにおいて、いかに早くパワーカードを引くかというのはかなり重要。
序盤のスターサファイアが非常に強力なので、どっちかと言うと蓬莱人形を引きたい所。

・橙
出る場面はそこまで多くないが、グレイズから返していく戦術がメインになりやすいこの環境ではいざ出てみると手札がモリモリ増えていく。相手の場に出たら除去を考えても良い。ドローソースが少ない為に、一気に差を付けられることも。

・ルナチャイルド&スターサファイア&サニーミルク
N2C1妖精キャラ群。妖精はこれらと妖精メイドしかない。ルナチャイルドは終盤出ると効くものの、序盤に引くとG2が災いしてあまり役に立たない。
それ以外の2枚は序盤に引ければかなり強力。スターサファイアの4点ビートを止めれるキャラはそこまで多くない。
ブロックした所で序盤では良くて相打ち、貫通ダメージ、更にサニーサーチまでされる事を考えると恐ろしいものである。実際ミニ八卦炉が付いてきたりと悪夢そのもの。
サニーは言わずもがな。見たら速攻天女返しを打っても構わない。アリスとパチュリーがベースド落ちしている為、対象が妖精しかいないのだ。

・ルナサ&リリカ&メルラン
ハイランダーの為3枚全部入れる事はあまり無いだろう。ルナサ、メルランが入る事が多い。
ルナサはプレイブロックが出来る点が強み。手傷を負ってでもスターを止めたい場合などに便利。
メルランは奇襲で出てくる3点アタッカー。グレイズの無い3点はこのフォーマットでは恐ろしく強い。
リリカはこのフォーマットではかなり微妙な所。耐久3というのは有ってない様なもので、役割的に見れば蓬莱人形に近い。上手くルナサに付けれれば3/5となるが、3コスト払ってまで3/5を出したいかと言われると首を縦には振りづらい。

・上白沢慧音&白沢
N3C1で3/4と、スターを除けばこれ未満のNCキャラには負けない戦闘力。
紅色の冥界などを解呪される危険を取り除いてくれる。白沢に変身できるのでその起点としても。
除去をどれだけ上手くかわせるかが重要なので、邪馬台の国まで貼れると場がかなり安定してくる。
変身した後は、手札に慧音を持ってさえいれば戦闘力だけ華扇みたいな動きとなるので、撃破されても場のキャラクターが減らない所が最大のアドバンテージ。貫通があるものの、4点2グレイズなのでブロックされにくく貫通が活かしにくいのでブロッカーを減らせるなんて思わない事。

・因幡てゐ
キャラクター奪取効果が大きい。この環境だとデッキが大抵似通っている為、相手の輝夜を奪って永琳を出し、輝夜が相手の場に変えれば8/6になったり、魔理沙か霊夢、果てには墨守を奪ってこちらが墨守にユニオンすると言った事が狙いやすい。

・十六夜咲夜
プレイブロッカー兼1ターン除去持ち。
スリープ起動効果、CIP、永続型効果しか持っていないキャラが多い為に、スリープ効果は1ターンゲーム外に追いやるような効果と化す。霊夢や墨守を寝かせる事が出来る為、突破口を見出したい時に。

・霧雨魔理沙
説明不要。

・博麗霊夢
今となっては使われないカードかなぁ。
カウンターカードが覚醒含め4枚程度しかデッキに入らない事を考えると、2コストコマンドカウンターでも十分にその威力を発揮してくれる。
キャラ同士の戦闘がメインとなるこのフォーマットならば干渉ミニ八卦炉の様な行動がかなり大きな行動となるがそれを牽制出来るというのは非常に強い。コマンド除去が無い為に無効に出来ず、疑似除去となる離反工作でもこれを無効にすることは出来ない。

・八雲藍
紫が居ない事から多分デッキから抜けるはず。
3箱使えるのならば式神「八雲藍」も安定するのだが、それが出来ない事を考えると2枚揃えて採用する理由が薄い。
スペル、コマンドの効果の目標にならないが、戦闘力が物を言う所があるこのフォーマットでは使いこなすのは難しい。

・蓬莱山輝夜&八意永琳
場に出せればかなり優位に立てるカード。輝夜からなら3コストで3/6が2枚並ぶ。
6点の耐久力を純粋に突破しようとするならば7ノード以上の戦闘力が求められる上、除去が少ないこの環境なら出されると苦戦は必至。
永琳が来たらノードに埋めても良いが、N8C4でも場に出てしまえば8/6が純粋に強い。断食で斬られるレミリア、フランより厄介な存在となる事も。

・藤原妹紅
冥界利用が難しいこの環境において、死なないという能力は大きい。
攻撃力5点が死なずに殴りかかってくるというのは結構な脅威。相打ちを事実上の一方的撃破と出来る。
ブロッカーとして立たせられても5点の攻撃力が有れば、こちらのキャラクターを1枚以上失う事も考えられる為、場に出てしまうと計算がかなり狂うキャラ。

・レミリア&フランドール
説明不要。

・風見幽香&四季映姫・ヤマザナドゥ
相手がフランでもない限り戦闘で負けなしの部類。
5コストや7コストが重い為、紅色の冥界の弾丸としての使い方が主となるか。

・西行妖
幽々子が居ないというのにどうやって出せというのか。

・妖精メイド
多分入れる人が居ない。
シナジーを生み出せるような効果も無く、0コストの蓬莱人形と同じその戦闘力はあまりにも貧弱。
ルナチャイルド専用の壁か…?

・朱鷺色の妖怪
貴重な奇襲持ち。
貴重なドローソースである強引な取引、流星祈願会、紅葉狩りを潰せる。
このキャラ自体は場に出る為に、実質ドローソースを切ったハンデスを行った様なものである。
引いたらニヤニヤして持っていていいと思う。

・秋静葉
スペルカードのコストが軽減できる。
術者を据えてスペルを打つ機会は一応あるものの、枚数を考えれば非常に少ない為効果を使う機会は少なくない。
2回以上コストが軽減できたようならば上出来。

・秋穣子
マナチャージャーが少ない為に手札をノードにセットする機会は多く、その為手札5枚を保つ事が難しい。
何か膨大なコストを要するスペルの術者でもない為、採用は見送られるか。

・鍵山雛
効果対象はてゐ、装備、呪符、覚醒。
離反工作等を潰せるという点において優秀。除去が基本的にスペル除去である為、その辺りには無力なのが惜しい所。
自分のカードの効果対象だけは移さないで欲しい所である…。

・河城にとり
投入するとしたら押し込み要員。効果が活かせるフォーマットではない為、考えなしに場に出す事が難しい。
相手のライフが3くらいで自分に10くらい有るようであれば、場を見て出してやれば相手の顔が歪むだろう。とはいえ、ターン制限を設けた瞬間に相手がぶっぱしてくる事があるのでその対策をきっちり考えておく事。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiroha

Author:shiroha
佐賀県でまったりとVISIONやってます。

リンクフリーですが、相互リンクも歓迎です。

mixi→shiroha
Skype ID→shirohakuroha

Twitter
VISION公式サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。