スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カジュアル特殊ルール】異変戦【修正版】

この間上げた記事での異変戦を行った結果、想定外のワンサイドゲームが起こったのでルールに色々と意見を頂いて修正版のルールを作成してみました。

まだ決定稿にはなっていないので、試してみてご意見などを頂ければ幸いです。

【追加されたルール】
・解決者側にカードを追加
原作で言う所のボムアタックです。
任意のタイミングで使用出来るSkill Attackカードと、ライフが0になった時に使用するLast Attackカードの2種類が有ります。

・異変カードの実行タイミングとブレイクレベル、ボーナスの追加
一番大きな変更になります。
異変カードが毎ターン変化するのではなく、3ターン目からの実行となりました。
また、異変それぞれに制限時間を設け、その時間内に一定以上のダメージを解決者側が与える事により、スペルカードボーナスの様にボーナスが発生するようになりました。

・主謀者側に特殊異変カードを追加
ライブラリアウト狙いのデッキがライフを削るよりも楽な攻略法となるので、そう言ったコンセプトブレイカーへの対策の為に特殊異変カードを追加しました。
ボーナスの発生、異変発生頻度の低下、解決者カードの存在により解決者側にかなりパワーバランスが傾いたため、多少のバランシングをこのカードにより行いました。




・概要
一対多の特殊な多人数戦が前提のルールである。
プレイヤーは「異変首謀者」と「異変解決者」からなる2つのチームに分かれてゲームを行う。

・構築ルール
無し。通常のデッキを用いて行う。
但し、異変首謀者は「異変デッキ」と呼ばれる20枚のカード束を追加で用いる。この異変デッキの異変カード構成は各1種類、20枚。
また、特殊異変カードは異変首謀者が各1枚ずつ持つ。
解決者カードは、プレイヤーがそれぞれキャラクター毎に各1枚計3枚持つ。伴い、誰がどの解決者を演じるかについては自由である。

【大前提】
ターンはチーム単位で行う。
異変首謀者→異変解決者→異変首謀者→異変解決者…
の順でターンを進めていく。
ターンを共有する為、フェイズも同時に進行する。

異変解決者はリーダープレイヤーを設定する。
優先権も、プレイヤー個人ではなくチームが持つものとして扱う。
優先権を持つチームのプレイヤーは、通常のルールと同様に行動できるが、2人以上が同時に行動しようとした場合その順番はチーム内で決定する。意見が揃わない場合、リーダープレイヤーに最終的な判断は委ねられる。
リーダープレイヤーが敗北した場合、リーダープレイヤーは別のプレイヤーに変更される。

1.異変首謀者のライフ初期値に25点加算する、つまりライフ50点となるアドバンテージを与える。人数によってはこれらの値は変動する。
2.異変首謀者の先攻でゲームがスタートする。また先攻1ターン目のドローフェイズをスキップしない
3.ゲーム開始3回目の異変首謀者のターン開始時に異変デッキの一番上のカードを実行中にする。また、既に実行中であった異変は異変デッキの一番下に戻す。
4.異変首謀者が攻撃を行う場合、攻撃対象のプレイヤーを指定する。干渉は誰でも行う事が出来る。防御も同様である。これによる貫通のダメージは、防御したキャラクターのプレイヤーが受ける。
5.異変解決者のリソースは共有する事が出来ない。
6.異変解決者が全滅した場合異変首謀者が勝利する。異変首謀者が敗北した場合異変解決者が勝利する。


【異変カード】

・制限時間
名称の下に書いてある数字は制限時間(X)である。
異変が実行中となってからXターン目の異変首謀者のターン終了時にこの異変カードを異変デッキの一番下に戻し、新たな異変カードを実行中にする。これを異変の変更と呼ぶ。

・BREAK LEVEL & BREAK BONUS
異変が実行中の間に主謀者がダメージを受けた場合、その異変カードにその値だけブレイク値が累積する。この値はターン終了時にリセットしない。
ブレイク値がテキスト文中のBREAK LEVELの値以上累積した場合、BREAK BONUSの効果を異変解決者側が解決する。その後、即座に異変の変更を行う。


【特殊異変カード】

このカードは異変デッキに含まない。
このカードはスペルカードのタイミングで主謀者側が使用出来る。
使用を宣言し、異変カードで言う所の制限時間の値を待機時間(X)とする。その後、X回目の主謀者側のターン開始時にその効果を解決する。
ゲーム中に全てのカードを合算して3回まで使用出来る。

【解決者カード】
異変の解決者を表し、1人につき1キャラ分所持する。
誰がどのキャラクターを所持しているかは非公開情報とする。
Skill Attackと記述のあるカードはそのカードに記載されているタイミングで使用出来る。
Last Attackと記述のあるカードはそのプレイヤーが敗北する場合に使用出来る。
但し、どのカードも使用制限は1回ずつかつ全てのカードを合算して2回まで使用出来る。

ダウンロードはこちらから

http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/324939

Pass:BossRush
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiroha

Author:shiroha
佐賀県でまったりとVISIONやってます。

リンクフリーですが、相互リンクも歓迎です。

mixi→shiroha
Skype ID→shirohakuroha

Twitter
VISION公式サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。